社会福祉法人の保育園 独自の特色があり比較的自由

保育士の勤務先として社会福祉法人の保育園があります。

意外と知られていませんが、社会福祉法人の保育園は独自の特色があります。

 

社会福祉法人とは?

そもそも「社会福祉法人」とは何でしょうか?

社会福祉法人とは、社会福祉法に基づき、介護や保育などの社会福祉事業を行うために設立される法人であり、営利目的ではなく、社会福祉事業を目的とする法人として特別に位置付けられ、都道府県などの認可・監督を受けます

社会福祉事業は法律上、「第一種」(養護老人ホームなど)と「第二種」(保育園など)に分類され、第一種は行政か社会福祉法人が経営主体となることが原則です。

一方、第二種にはこうした制限はありませんが、社会福祉法人が主たる担い手を位置付けられていることは同じです。

 

社会福祉法人の保育園のメリット

社会福祉法人の保育園の良いところは、独自の特色があることです。

公立保育園や会社経営の保育園とは違い、型にはめられた決まりがあまりないため、比較的自由な発想が受け入れられます。

他ではできないようなことを企画し、実行したりしています。また、最初から最後まで子どもの成長を見ることができます。

公立や会社経営の保育園は異動があるため、初めて新任で受け持った子どもたちの卒園を見ることがほとんどできません。

しかし、社会福祉法人の保育園は、系列園等がなければずっとその保育園で働けるため、自分のクラスの子どもたちを送り出すことができます。

 

社会福祉法人の保育園のデメリット

一方で、それはまた、デメリットでもあります。

「この園は私には向いていない」と感じたり、自分に合わない同僚の保育士がいたりした場合、その保育園を辞めるしかありません。

我慢して働くこともできますが、かなりのストレスになり、その後、保育の仕事を二度とできなくなってしまうことになってしまうかもしれません。

最初から「○年で辞める」と決めていたり、「私は絶対にそんなことにはならない!」と自信を持って言える人には良いと思います。

しかし、ずっと保育をやっていこうと思っている方にはあまりおすすめはできません…

もちろん、社会福祉法人の保育園に何年も勤めることも良いと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ