保育士と幼稚園教諭の違い

よく周りの人から、「保育士と幼稚園の先生って何が違うの~?」と聞かれることが多くあります。

同じ小さい子を預かる仕事に変わりありませんが、保育士と幼稚園教諭は大きく違います。

ここでは、保育士と幼稚園教諭の違いを書きたいと思います。「もうそんなことわかってるよ!」という方は確認程度に見てください。

 

保育士と幼稚園教諭の違い

保育士

  •  厚生労働省の管轄で、児童福祉法に基づいて保育します。
  •  家庭に代わり、子どもを保育することが目的であり、子どもの対象年齢は0歳~就学前。
  •  保育時間は原則8時間以上。
  •  1年間の保育日数に特別な規定なし。
  •  資格は1種類のみ。
  •  保育士配置基準(保育士1人に対し):0歳児クラス3人、1・2歳児クラス6人、3歳児クラス20人、4・5歳児クラス30人。
  •  資格は、指定養成施設として認可された学校で学ぶか、保育士試験に合格することで取得可能。

 

幼稚園教諭

  •  文部科学省の管轄で、学校教育法に基づいて教育を行う教員。
  •  幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする「学校」。
  •  子どもの対象年齢は3歳~就学前。
  •  保育時間は標準4時間以上。
  •  1年間の保育日数→39週を下回らない。(特別な事情を除く)
  •  一種免許、二種免許の2種類がある。
  •  先生の配置基準:1クラス35人以下。
  •  幼稚園教諭免許を取得できる教育課程がある大学や短期大学等で必要単位を修得し、卒業と同時に取得することができる。

 

進学先・就職先を決定する際は適正と相談

大きく異なる部分は、上記に挙げた通りです。

このように見てみると、同じような仕事とは言い難いですよね。もちろん、保育園も幼稚園も園によってそれぞれの特色があるため、上記以外にも異なる部分はあると思います。

自分には保育士と幼稚園教諭、どちらが向いているのかよく考えたうえで進学先を決めたり、就職をしたりする必要がありますね。

また、自分で実際に保育園や幼稚園に足を運んで、実際の現場を見ることも大切だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ