保育士になる方法:短期大学・専門学校に通う

保育士になる方法として、短期大学・専門学校に通う方法があります。

それぞれ、メリット・デメリットがありますので、詳しく見ていきましょう。

 

短期大学

短期大学のメリット

短期大学の1番のメリットと言えば就職です。

長年の信頼と実績のある学校や地元の学校には、多くの求人が集まります。

そのため、就職先も選び放題なのです。また、保育士には短期大学出身の人が多くいます。同じ境遇の人が職場に多くいると、気持ち的にもとても安心できますね。早く就職したい方には短期大学がおすすめです。

短期大学は実践に近い授業が多いため、就職してすぐに使えるおもちゃや遊びなどの技術を習得することができます。

4年制大学のように講義ばかりではなく、実際に体を動かす授業も多いです。(学校にもよりますが…)

 

短期大学のデメリット

逆にデメリットと言えば、2年間でたくさんのことを学ばなければならないので、大学生活はとても忙しくなることです。

毎日の時間割はびっしり、長期休暇中も実習が入ってなかなか出掛けられなかったり…。また、就職した際の給料にも差があります。もちろん、4年制大学出身の人よりも低くなってしまうのです。

短期大学でも幼稚園教諭の免許を取得することができますが、二種免許になってしまうので、将来園長になりたいと思う方は4年制大学にいくことをおすすめします。

(就職してからでも、学科講習会や実技試験などを取って上級の免許を取得することも可能です。)

 

専門学校

専門学校も短期大学と同じようなメリットやデメリットがあります。

専門学校のメリット

専門学校では、保育現場で働く講師たちによる実践的な指導が期待できます。

「保育」に焦点をあわせているため、すぐに現場で役立つ内容を集中して学ぶことができます。

入学してすぐに実習を行う専門学校もあるんだとか…。そのため、具体的な勉強をしたい人におすすめです。

また、入学しやすいのも一つのメリットですね。専門学校はそれぞれ特色があり、ピアノやお遊戯などのレッスンがあったり、就職後のサポート体制がしっかりしているなど、各学校に個性があります。

保育系のアルバイトを紹介している学校も多いようなので、生きた経験を積むことができるかもしれませんね。

 

専門学校のデメリット

専門学校のデメリットはカリキュラムがしっかり組まれ実践的な分、かなり忙しいという点です。

そのため、のんびりとした学校生活に憧れる人には絶対に不向きです。

 

4年制大学、短期大学、専門学校と、それぞれのメリットやデメリットを紹介してきましたが、最終的に決めるのは自分自身です。

自分に合った資格の取得方法を選び、選んだ学校でたくさんのことを学んでください。

コメントを残す

サブコンテンツ