保育士試験におすすめの問題集

保育士試験に合格するためには自ら率先して勉強することが大切です。

学校に通っていても受身の姿勢だけでは合格することは難しいでしょう。

 

学校の勉強だけでは合格は難しい?

「大学に通っていれば資格は取れるんじゃないの?」と思う方もいますが、確かにそうかもしれませんが、学校でも試験がありますよね?

その試験である程度の点を取ることができなければ、その科目の単位を取ることができません。

試験の内容学校によって異なりますが、厳しい先生は容赦しないでしょう。

保育士試験も同じで、癖のある悪問もあります。それらに足を引っ張られ落ちてしまうこともあるのです。

 

おすすめはユーキャン通信教育のテキスト

学校だけでなく、通信教育や独学で資格を取得する方もいます。また、公務員試験を受ける方もいます。

独学ではどうやって勉強すれば良いのかわからないし、予備校に通うとかなりのお金がかかってしまう…。

そんな方におすすめするのは、ユーキャンのテキスト。(テキストにも自分に合う、合わないがあると思うので、参考程度に見てみてください)ユーキャンのテキストは書店で売っています。

「保育士速習レッスン 上・下」、問題集、一問一答などがありますが、これらは1万円もあればそろえることができると思います。

公務員試験を受ける方は、これにプラスして、地方公務員の問題集をつけると良いと思います。私はこれらのテキストを用いて勉強をし、公務員試験の一次試験を突破することができました。

予備校に通うよりもずっと経済的だと思いませんか?(予備校に通った方が濃い内容を勉強できそうですが…)小論文の対策はあまりしませんでしたが、「起承転結」で書くことを心掛けていました。

あとは普段からたくさん本を読むことや、新聞、ニュースに毎日目を通すことが必要です。

 

毎日少しずつ机に向かうことが大切

今回は資格勉強ということなので、筆記のことだけを書きましたが、いずれにせよ、勉強はみんなしなければなりません。

保育も今は日々変わってきていますからね。独学で資格を取得する人、公務員試験を受ける人は、毎日30分でも机に向かう習慣をつけましょう。

今は大変かもしれませんが、資格を取得したときには就職の幅が広がります。公務員試験に受かった際には、安定の日々を送ることができるでしょう。今頑張るのか、あとから頑張るのか、あなた次第だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ