保育園行事の達成感 生徒・保護者と共に成し遂げる

なんといっても大変な行事。

準備に相当な時間と労力がかかるのです…。(園によって異なりますが)

そのため、行事が成功したときにはとても感動するとともに、やりがいを感じるのです。

 

行事の達成感

多くある行事の中でも私が感動した行事は、運動会や生活発表会です。

これらは子どもの成長が感じられる行事ですね。自分のクラスの子どもたちが頑張っている姿を見ると、ついつい涙がでてきてしまいます。

私が勤めていた保育園では、一から行事の計画を立てます。

もちろん、主で動くのは私たち保育士であり、園長先生や主任の先生ではないのです。

そのため、係となって動いた行事は特に感動が大きく、私なんかはその日1日泣いていた記憶があります…。(それだけ大変だったということです)

 

行事は先生・生徒・保護者 みんなの集大成

頑張っているのは私たちだけではありません。

子どもたちも頑張っているのです。

運動会や生活発表会の前は、「お父さん、お母さんが見てるんだよ。かっこいいところを見てもらおうね!」が、私の口癖のようなものでした。

子どもたちだって、毎日のように練習していたら飽きてきます。ふざけて練習してしまうこともしばしば…。

私も、「間に合わせなければならない」と必死になっているため、子どもたちに怒ってしまうことも頻繁にありました。

そんな背景があるからこそ、本番で頑張っている子どもたちの姿を見ると、自然と涙がでてきてしまうのです。

この感動は、保育士でなければ味わうことのできない特権です!!

保護者の方々も感動して涙を流していたりもしますが、それとはまた違う感動なのです!

 

行事の達成後は保護者との絆も深まる

また、行事が成功すると、保護者の方々からも嬉しい言葉をいただきます。

「ありがとうございました」

だけでなく、

「あんなことができるなんて、子どもも成長しているんですね」

と、子どもの成長を実感してもらえたり、

「先生がたくさん指導してくれたからこそできたんですね」

と、私たちの頑張りを認めてくれたり…。

行事は、終わるまではとても大変でストレスも感じますが、終わったときにはとてもやりがいを感じます。

なので、くじけずに頑張ってください!!

コメントを残す

サブコンテンツ