保育園の人間関係 女性社会でうまく人間関係を築くコツは?

これから保育園に就職する方々にとって気になることの1つと言えば、職場の人間関係ではないでしょうか。

私も入社前は、「怖い人がいたらどうしよう…」「仲良くなれなかったらどうしよう…」不安でいっぱいでした。

 

保育園は女性社会

男性保育士が増えたと言っても、まだまだ女の世界である保育の仕事。

私が勤務していた保育園も9割が女性でした。私の園はまだ良い方で、中には全員が女性という保育園も多数あります。

女性が多い職場はドロドロと言われるように、ドロドロと感じる部分もありました。

でも感じ方は人それぞれ。ドロドロだと感じたら、そこには関わらなくてもいいのでは?

と私なんかは思ってしまいます。

 

私の職場は、比較的仲の良い職場でした。

それは、歳の近い同僚がたくさんいたからです。

でもそれだけではないと思っています。なぜなら、職場の人間関係を築き上げるのは自分だからです。

保育士はコミュニケーション力が必要な仕事。子どもや保護者と良い関係が築けるのであれば、職場の人たちとだって良い関係は築けるのです。

 

保育園での人間関係をうまく築く方法

そんなこと言ったって不安は取り除けない!

という方に…私が職場の人間関係を築いた方法をお教えします。いたって当たり前のことなので、悪しからず…

  • 同期と仲良くなる!
  • 同じクラスの先生と仲良くなる!
  • 歳の近い後輩や先輩と仲良くなる!
  • 仲の良い同僚ができたら、その人と仲の良い同僚と仲良くなる!
  • わからないことは積極的にいろいろな人に聞きまくる!
  • 飲み会などには積極的に参加!
  • 自分を包み隠さず全てをだす!

このようなことは挙げてもきりがないのです。

しかしこのようにして仲の良い同僚を一人でも作っておくと、何かあったときにはとても助かります。

それは、クラスで嫌なことがあったときに悩みを共有できたり、職場に亀裂が入ったときに一人じゃないと感じ、安心することができたり、時にはムカついた先輩の話をして盛り上がることもあるでしょう。

職場の人間関係は、自分が仕事をする上でとても大切な環境要因の1つです。

初めて園に行ったときから積極的に同僚に話しかけましょう!!

そして、あなたが先輩になったとき、入ってくる後輩が不安を感じないような園にしてあげてください。

コメントを残す

サブコンテンツ